二日酔いにウコンの力って本当に効くのか徹底的に検証してみた。

二日酔いにウコンの力って本当に効くのか徹底的に検証してみた。

二日酔い対策にオススメの商品と言えば、真っ先にウコンの力を思い浮かべると思います。値段も手ごろですし、コンビニにいろいろな種類が置いてある定番商品ですからね。

私も飲み会がある度にウコンの力を愛用してきました。

でも、ウコンの力って本当のところは効くのでしょうか?個人的な体験を交えて検証してみました。

徹底検証!ウコンの力って効くのか?

個人的な経験

個人的な経験を話すなら、ウコンの力は効いたこともあれば、全く効かなかったこともあります。

その時の体調や、飲んだお酒の種類や量の影響も大きいと思いますが、やはり飲み過ぎたときほど期待した通りにはならなかったですね。

価格が200円弱と安いので、飲み会前や二次会に行く前にコンビニで買うと便利なのですが、飲み過ぎたからヤバイと思って飲んだ時ほどあまり効いた記憶がありません(笑)

まぁ、これは飲酒量が多いほど当然二日酔いもひどくなるので、ウコンの力が悪いわけではありません。浴びるように飲んでしまうと、どんな二日酔い対策サプリメントも効かないでしょう。

一方で、それほどお酒を飲まない時に「一応、飲んでおくか」という感じでウコンの力を飲んでおくと、お酒が後に残ることなく、気持ちよく飲めた場合が多かったですね。

ウコンの力が効くのはクルクミンのおかげ?

なぜウコンの力が二日酔い対策に良いのかというと、ウコンに含まれるクルクミンという成分のおかげとされています。

クルクミンはウコンに含まれる黄色のポリフェノール化合物で、一般的にはスパイスや食品の着色剤として使われています。法律的には「食品添加物」に分類されるようです。

クルクミンには次の効果があることが様々な研究から示唆されています。

  • 抗酸化作用
  • 肝機能向上
  • 発がん抑制

これらの効果は、動物実験などでは証明されていますが、人間を対象にした実験による明確なエビデンス(証拠)は得られていないようです。

ウコンを飲むと体にいいだろうということは経験的には知られていますが、科学的には証明されたわけではない、ということですね。

とは言え、現在においてクルクミンの医学的利用に関する研究は数多く行われています。

ざっと列挙してみると、抗腫瘍作用や抗酸化作用、抗炎症作用、鎮痛作用、血圧降下作用、子宮収縮作用、抗菌作用、コレステロール分解作用、胆汁分泌作用など。

クルクミンのさまざまな作用が研究されていることから、人間にとってプラスの作用があることは十分に期待できます。

日本ではウコンに含まれることから二日酔いに効くという印象が強いクルクミンですが、欧米では特に抗炎症作用と抗腫瘍作用が注目されているようです。

科学的にはっきりと証明されていないにせよ、クルクミンが体に良いことは間違いないようですね。

スポンサード・リンク


しじみにんにく極

スパリブ

秋ウコンホワイト

レバリズムL