タウリン(を含む製品)が二日酔いに良いって本当?

タウリン(を含む製品)が二日酔いに良いって本当?

タウリンはアルコールの代謝(分解)を促進する?

飲酒によって弱った肝臓をサポートするタウリンですが、アルコール代謝(分解)そのものも促進するという説もあります。

具体的には、アルコールを分解してできるアセトアルデヒドの代謝を促進することが、マウスを使った実験で示されています。

アルコールを投与する前にタウリンを摂取していたマウスでは、アセトアルデヒドを分解する酵素(ALDH)の働きが活性化されたと報告されています。

お酒のアルコール分は主にエタノールですが、このエタノールはまずアセトアルデヒドに分解され、それから酢酸に分解されて無害化されます。

アセトアルデヒドは毒性を持ち、二日良いの原因であると言われている物質なので、タウリンがそのアセトアルデヒドを分解するALDHの働きを活性化することは、胆汁酸の分泌や肝細胞の再生促進に加えて、二日酔い対策につながると考えられます。

その一方で、タウリンを摂取しても体内のエタノール濃度に変化はないとする意見もあり、タウリンがエタノール(アルコール)分解を促進するかどうかについては明確な結論は出ていません。

つまり、アセトアルデヒドを分解する酵素の働きを高める作用はあっても、エタノール(アルコール)を分解する酵素の働きを高める作用はないのではないかという意見ですね。

この問題については今後の研究の進展が待たれますが、少なくともアセトアルデヒド分解の促進は期待できそうです。

タウリンによる疲労回復は肝臓が原因なら効果あり?

タウリンには疲労回復の効果もあるとされています。リポビタンDやチオビタなどのタウリン含有栄養ドリンクは、むしろこちらの方が強調されていますよね。

一口に疲労と言ってもその原因はさまざまなですが、肝臓に負荷がかかることも疲労の原因のひとつです。

特にお酒をたくさん飲むと、アルコール分解のために肝臓が大きく疲弊し、体全体のだるさにつながります。二日酔いによる不調の原因には脱水症状や胃腸のダメージ、睡眠不足などいろいろとありますが、肝臓の疲労は大きな原因のひとつです。

従って、二日酔いなどによって肝臓が原因となって疲れているのであれば、タウリンを摂取することで回復することができます。

しかし、糖分などのエネルギー源が不足することで疲れている場合には、タウリンだけでは十分に回復することは難しいかもしれません。

逆に考えると、肝臓の疲弊が原因で起こる二日酔いのだるさは、タウリンによって緩和されることが期待できますね。

結論:タウリンを含むドリンクは二日酔い対策に使える

タウリンは主に肝臓の細胞再生や胆汁酸の分泌を促進する働きが期待できます。

また、アルコール分解によって生じる活性酸素(フリーラジカル)から、肝細胞などの細胞を守る働きもあります。

お酒をたくさん飲むと、アルコール分解によって肝臓の細胞に負担がかかり、また多くの活性酸素が発生するため、上記のようなタウリンの作用は肝臓のサポートとして十分に期待できます。

アルコール分解による肝臓への負担を軽減することは、ひどい悪酔いや二日酔いにならないために大切です。

肝臓が疲弊してしまうと体がだるくなってしまうことがありますが、これは二日酔いのだるさの原因の一つでもあります。

従って、タウリンを含むドリンクは二日酔い対策としても使えます。

もちろん、あまりにも飲み過ぎてしまうと意味はない

もちろん、いくらタウリンが肝臓をサポートする働きを持っているからと言っても、記憶が飛んでしまうほど大量の飲酒をしてしまっては意味はありません。

あくまで、タウリン含有商品は、常識的な範囲でお酒を飲むときのサポート的な存在として考えるべきです。酷い悪酔い・二日酔いを一瞬で治してしまうような魔法の成分ではありません。

著者が二日酔い対策として2回目にリポビタンDを飲んだ時に効果を実感できなかったのは、おそらく空腹が原因だったと思います。

空腹時と満腹時のアルコールの吸収速度は、前者の方が後者よりも5~6倍も早いという説もあります。

おそらく、空腹のせいでアルコールの吸収が早く、肝臓での分解が追い付かなかったことと、胃の中が空だったせいで胃酸やアルコールによって胃壁が荒れてしまったことによって、胃のむかつきがひどい二日酔いになってしまったのだと思います。

そもそもお酒を飲むコンディションが悪ければ、せっかくタウリンを含むドリンクを飲んでも無意味ですよね。