タウリン(を含む製品)が二日酔いに良いって本当?

タウリン(を含む製品)が二日酔いに良いって本当?

タウリンは二日酔いに効くのか?調べてみた

リポビタンDやチオビタドリンクなどの、タウリンを主成分とする栄養ドリンクは、滋養強壮や疲労回復の効果を謳って宣伝されています。従って、二日酔い対策が主目的の商品はありません。

しかし、著者はリポビタンDを飲むことで、悪酔いがラクになった経験をしました。また、飲酒量が多かったので二日酔いにこそなりましたが、予想したよりも軽かったのが印象的でした。

実は、タウリンには肝臓の働きをサポートする効果があり、このことが悪酔いの緩和につながったのじゃないかと思います。

一方で、2回目にリポビタンDを飲んだ時は、悪酔いは改善しませんでした。この点も含めて、タウリンと悪酔い・二日酔いの改善について調べてみました。

そもそもタウリンってどんな成分?

タウリンはアミノ酸の一種であるとされることもありますが、これは誤りのようです。

タウリンはアミノ酸ではないのですが、アミノ酸に似ているため「アミノ酸類似物質」または「異常アミノ酸」などと呼ばれます。

人体ではシステインというアミノ酸からタウリンが合成されます。また、タコやイカ、カキなどの海の軟体生物に豊富に含まれているため、これらの食材を食べればタウリンを補給することができます。

タウリンは細胞を正常な状態に保つ作用(ホメオスタシス)を持っていますが、特に肝臓に対して働きかける作用が代表的です。

肝臓の働きをサポートするタウリン

具体的には、胆汁酸の分泌や肝細胞の再生を促進する働きです。

胆汁酸の分泌や肝細胞の再生の促進は、いずれも肝機能に深く関わる働き。

アルコールを大量に摂取すると、アルコール分解を行う肝臓に負荷がかかり、肝細胞がダメージを受けてしまいます。

タウリンは損傷した肝細胞の再生を促すことで、肝臓をサポートします。

また、胆汁酸の主な働きは脂肪を乳化して吸収しやすくしたり、水に溶けない脂溶性ビタミンの吸収を助けたりすることです。

食物の消化において重要な存在ですが、胆汁酸は肝臓で作られるため、大量の飲酒によって肝臓の働きが弱ると、消化能力が落ちてしまうこともあります。

従って、胆汁酸の分泌を促すタウリンは、飲酒によって落ちた消化を助けます。

タウリンはフリーラジカル(活性酸素)から細胞を守る

酸素は人間が生きていく上で不可欠な元素ですが、活性酸素(フリーラジカル)と呼ばれる酸化力の強い酸素は、逆に人間の細胞を傷つけ、老化の原因となります。

お酒をたくさん飲むとアルコール分解の過程で活性酸素がたくさん発生してしまいます。

健康であれば、体の働きによって活性酸素を除去することができますが、加齢したり、不健康な状態が続いたりすると、除去しきれない活性酸素が増え、細胞へのダメージが大きくなります。

特に飲酒が原因で生じる活性酸素は肝細胞にダメージを与えるため、肝臓への負担の一因となっています。

マウスを使った実験によって、タウリンがこの活性酸素から細胞を守る働きを持っていることが明らかにされています。アルコールの分解によって生じる酸化ストレスから、細胞を守ってくれるわけです。

マウス実験の結果から無条件に人間にも同じ効果があると言うことはできませんが、抗酸化という点でもタウリンが肝臓に良いことが期待できます。