悪酔いした場合に寝る前に行うべき5つの二日酔い対策

悪酔いした場合に寝る前に行うべき5つの二日酔い対策

二日酔いになるかどうか、眠りにつく前の状態によってある程度分かりますよね。

すでに吐き気がする悪酔い状態の場合、翌日に二日酔いになるのはほぼ確定です。それでも、眠りにつく前にいくつか対策を行うことで、次の日の不快感を和らげることはできます。

どの方法も比較的簡単に行えますので、ぜひ実行してみてください。

悪酔いしたときに寝る前に行うべき5つの二日酔い対策

1. スポーツドリンクをしっかりと飲む

アルコールの分解には水分が必要になります。

水分が不足してしまうと、脱水症状となって吐き気などの症状が悪化してしまう可能性もあるため、しっかりと水分補給を行いましょう。

特に、就寝中は体内の水分が失われてしまうため、飲み過ぎた後に水分を取らずに眠ると、余計に脱水症状がひどくなってしまいます。

また、肝臓でのアルコール代謝には糖分も消費されるため、水よりもスポーツドリンクの方がオススメです。

2. 吐き気がひどい場合は吐いてしまう

悪酔いがひどく、すでに吐き気がある場合は、眠る前にひととおり吐いてしまうのがオススメ。

慣れないと難しいかもしれませんが、人差し指と中指を喉に入れて何度かえづけば、すぐに吐くことができます。

気持ちの良いものではありませんが、不快な気分のままベッドに入ってもなかなか眠りにつくことはできません。

それに、寝たまま嘔吐してしまうと窒息してしまう危険もあります。

3. 頭痛薬や睡眠薬は使用を避ける

酔いがひどく眠れない場合や、二日酔いを見越して、頭痛薬や睡眠薬の使用を考える方もいるかもしれませんが、これはNGです。

薬もまた体内で分解されますが、一部の薬はアルコールと同様に肝臓で代謝されます。アルコール分解のために肝臓に負荷がかかっている状態だと、薬が十分に代謝されず、効きすぎてしまうことがあります。

もちろん、肝臓にも負担がかかります。

どうしても頭痛薬や睡眠薬を使用したい場合は、添付文章をよく読んで、飲酒した後に使用しても問題がないかどうか確認してからにしましょう。

4. 熱い風呂・サウナは避ける

熱いお風呂やサウナに入ると、発汗によって体内の水分が失われ、脱水症状になってしまうリスクが高まります。

アルコールの分解は大量の水分を消費するため、汗をかく行為はNGです。

発汗するとアルコールが抜けるという説もありますが、摂取されたアルコールの90%は肝臓で代謝されます。汗から

5. 十分な睡眠時間をとってぐっすりと眠る

悪酔いや二日酔いの最善の対策はぐっすりと眠ることです。

眠ることで体力が温存でき、その間に体内でアルコール分解が進みます。また、眠っている間は気持ちの悪い不快な感じから解放されます。

逆に、飲み過ぎた後に十分な睡眠時間がないと、二日酔いに加えて睡眠不足のダメージが重なりますので、余計に症状がひどくなってしまいます。

睡眠時間の確保はきわめて重要です。お酒をたくさん飲むのであれば、休日の前の日にしましょう。

まとめ

飲み会が終わった時点で悪酔いしてしまい、翌日の二日酔いは不可避な場合、上記の5つの対策を実行してみてください。これだけでも随分と変わってくるはずです。

スポーツドリンクを飲む、吐き気がひどい場合は自分から吐いてしまう、頭痛薬・睡眠薬は使わない、熱い風呂・サウナは避ける、そして十分な睡眠を取る。自分で吐くのは慣れないと大変かもしれませんが、それ以外は簡単に実行できるものばかりです。

もちろん、これらの対策だけでは不安という場合には、二日酔い対策のサプリメントなどを併用するのも効果的です。

スポンサード・リンク


お酒のお供にはやっぱりスパリブ!