二日酔い対策にサウナをオススメできない理由。

二日酔い対策にサウナをオススメできない理由。

飲み会の後、ほろ良い気分になったときや、二日酔いで気分がすぐれないとき、人によってはサウナに入って汗を流したいと考える方もいるかもしれません。

ですが、実はサウナはあまり二日酔い対策としてはオススメできず、場合によっては二日酔いの症状を悪化させてしまう可能性もあります。

二日酔いとサウナの関係

二日酔いになると脱水症状を起こしていることも

アルコールを分解するためには、大量の水分を必要とします。

二日酔いになったときに喉が渇き、たくさん飲み物を飲みたくなるのは体内の水分が減少しているからです。

症状がひどい場合には、脱水症状を起こしていることもあります。

そのため、二日酔い対策には何よりも水分をとることが大切です。

その際には、糖分を含むスポーツ飲料がオススメ。実は、アルコールの分解では糖分も失われるため、アクエリアスやポカリスエットなどのスポーツドリンクの方が水よりも良いとされています。

逆に避けた方が良いのはコーヒーやお茶などのカフェインを含む飲み物。

カフェインには利尿作用があるため、場合によっては脱水症状を悪化させてしまう可能性もあります。

二日酔いのときにお風呂やサウナが良くない理由

先ほど書いたように、二日酔いになったときには体内の水分が不足した状態になっています。

従って、対策としては水分を補給し、不必要に体内の水分を消費してしまわないようにすることが大切です。

ところが、温泉やサウナに入ってしまうと、体が温まって汗をかき、体内の水分が失われてしまいます。

特に厳禁なのがサウナ。

サウナに入ると体重が落ちるのは、脂肪が燃焼したからではなく、体内の水分が汗などになって失われたからです。

サウナによって失われる水分量はかなり多く、お酒を飲んだ後や二日酔いの時に入ると、症状が悪化してしまう可能性があります。

確かにサウナは気持ちが良く、また発汗によって体の老廃物を排出する効果もあるのですが、二日酔いがひどい場合は避けた方が賢明です。

また、熱すぎるお風呂も同様なので、もしお風呂に入りたいのであればぬるめのお湯に浸かるか、シャワーを浴びることをオススメします。

発汗で体内のアルコールを蒸発させられるのは本当?

アルコールは胃や小腸で吸収され、最終的には肝臓で分解されます。

このとき、吸収しきれなかったアルコール分は呼気や発汗、尿などで体外に排出されます。

サウナで発汗すると確かにアルコールの体外排出を促進することはできます。しかし、肝臓で分解されるアルコール分が90%で、それ以外の経路から体外に排出されるのはわずかに10%しかありません。

むしろ、脱水症状を悪化させるリスクの方が高いので、二日酔いがひどい場合はサウナは避けた方が賢明です。