二日酔い対策にはスポーツ飲料がオススメ。

二日酔い対策にはスポーツ飲料がオススメ。

二日酔いになってしまった場合に、症状を緩和する方法はいくつかありますが、いちばん簡単で効果的なのはスポーツ飲料をしっかりと飲むことです。

二日酔いにはスポーツ飲料がいちばん

二日酔い対策にスポーツ飲料がオススメの理由

二日酔いになると、喉が渇くという症状が出ることがあります。これは、アルコール分解の過程で、体内の水分が使われ、軽い脱水症状が起きているからです。

そこで、二日酔いの症状を緩和するためにオススメなのが水をしっかりと飲むこと。体内のアルコールを分解するために必要な水分を補給し、喉の渇きを潤すことができます。

その時にオススメなのが、普通の水ではなく、アクエリアスやポカリスエットなどのスポーツ飲料です。

スポーツドリンクには糖分が含まれていますが、実は糖分もまたアルコール分解に必要な物質です。アルコールの大部分は最終的に肝臓で代謝(分解)されますが、その時に糖分が必要になります。

つまり、体内でアルコールを分解するためには、水分と糖分の二つが必要になるわけで、どちらかが不足してもアルコール分解が遅くなり、結果的に二日酔いが長引くことになります。

水分と糖分の両方を一度に摂取できるスポーツドリンクは、二日酔い対策に最適な飲み物です。

もちろん、飲み会などの翌朝に二日酔いになってしまったときだけでなく、実際にお酒を飲んでいる最中や、お酒を飲んだ直後にスポーツ飲料を飲むとさらに効果的です。

二日酔いのときに飲まない方がよいもの

逆に、二日酔いのときには避けた方が良い飲み物もあります。

コーヒーやお茶

コーヒーやお茶に含まれるカフェインには利尿作用があり、体内の水分を排出させるように働きます。

アルコール分解では大量の水分が必要になるので、水分が不足して軽い脱水症状になりがちですが、コーヒーやお茶を飲むとさらに悪化させてしまいます。

夏などの暑い時期には、二日酔いのときには冷たい麦茶が飲みたくなるかもしれませんが、水やスポーツ飲料にした方が良いでしょう。

お酒

二日酔いとなったときに、敢えてお酒を飲む「迎え酒」は、日本だけでなく世界中で行われているようです。

しかし、迎え酒が二日酔いに効くという科学的根拠はありません。それどころか、アルコールを追加摂取することで、体にさらに負担をかけて症状を悪化させてしまうことは容易に想像できます。

お酒好きの方は迎え酒をやってしまいたくなると思いますが、症状を悪化させたくなければ避けた方が賢明です。

スポンサード・リンク


お酒のお供にはやっぱりスパリブ!