【活性酸素】お酒を飲んだら老化してしまうって本当?【スパリブ】

【活性酸素】お酒を飲んだら老化してしまうって本当?【スパリブ】

適量のお酒を飲むと体によく、長生きにつながると言われています。一方、お酒をたくさん飲んでしまうと、体・細胞が酸化することで老化が進んでしまいます。

特に30代を過ぎると、男性も女性も老化が気になってくるもの。お酒が好きな方は、飲酒による酸化や老化について知っておいた方が良いです。

お酒をたくさん飲み過ぎることで起こる老化への影響

お酒を飲むことによる体の「サビつき」とは?

人間の体の中には、活性酸素と呼ばれる酸素が存在しています。

この酸素は通常の酸素よりも酸化する力が強く、活性酸素がたくさん生じると体の中の細胞が酸化し、ダメージを受けてしまいます。

活性酸素は常に人の体の中に存在していますが、通常は活性酸素の働きを抑える仕組みが働いているため、問題とはなりません。

しかし、さまざまな理由で活性酸素が増えてしまうと、活性酸素の働きを抑え切れずに、細胞が酸化されてしまいます。そうなると、体が「サビついて」いき、老化が進行してしまいます。

活性酸素の増加にはさまざまな要因がありますが、飲酒はそのうちのひとつです。

体内に吸収されたアルコールは主に肝臓で分解されます。

アルコールはまず有毒なアセトアルデヒドに分解され、それからアセトアルデヒドが酢酸に分解されることで無毒化されます。

この二つの分解の過程では、それぞれアルコール脱水素酵素とアルデヒド脱水素酵素が関与しますが、いずれも酸化反応となります。そして、このときに多くの活性酸素が発生するのです。

活性酸素は細胞を酸化し、ダメージを与えます。

もちろん、少量のお酒やときどきお酒をたくさん飲む程度では、ほとんど影響はありません。しかし、定期的にある程度の量を飲む飲酒を繰り返していると、そうでない人と比べて老化が進んでしまうリスクが高まります。

活性酸素だけじゃない。飲酒による老化への影響

お酒を飲み過ぎてしまうと、老化という点で良くないと言われていますが、理由は活性酸素だけではありません。

さまざまな点から、過度な飲酒は老化を進めてしまいます。

1. 乾燥肌・肌へのダメージ
2. 睡眠不足
3. 脳の老化

1. 乾燥肌・肌へのダメージ

アルコール分解には水分が必要となります。

お酒を飲むときに適度に水分補給できていれば問題ありませんが、お冷やソフトドリンクを飲まずにお酒を飲んでしまうと、体の水分が足りなくなってしまいます。

水分が足りなくなると様々な点で体によくない影響がありますが、老化という点で気になるのはお肌への影響。

水分が不足して乾燥肌になってしまうと、肌がダメージを受けてしまいます。

また、肌が乾燥した状態が続くと、しわの原因ともなってしまいます。

水分の不足は若々しい肌を保つためには大敵です。

お酒をたくさん飲み過ぎる生活を続けていると、慢性的に水分が不足してしまい、お肌の老化に影響を与えてしまうリスクが高くなります。

冬場など、お肌が乾燥してしまう季節には加湿器を使ったり、保湿成分を含んだクリームを塗ったりして気を付けている方は少なくないでしょう。

それなのにたくさんお酒を飲む生活をしてしまっては、せっかくの努力も無駄になってしまいます。

2. 睡眠不足

お酒は良質な睡眠にとってよくありません。

お酒を飲み過ぎると眠くなってしまうこともありますが、実は熟睡できておらず、良質な睡眠とは言い難いです。

夜遅くまでたくさんのお酒を飲んでいたり、寝酒を飲む生活を続けていると、睡眠不足となってしまう可能性があります。

良質な睡眠は若々しい見た目を保つためには不可欠です。

特に夜の10時から14時にかけては細胞をつくる成長ホルモンがたくさん分泌する時間帯だと言われています。

夜型の現代人が夜の10時に寝るのは難しいかもしれませんが、少なくとも0時には寝たいですね。

夜の2時や3時までお酒を飲み続ける生活は、若さを維持するためには厳禁です!

また、睡眠不足が続いた場合、目の下にくまができてしまうこともあります。大きなくまがあると、やはり見た目の若々しさが減ってしまいますよね。

3. 脳の老化

お酒を飲むと気持ちよくなったり、饒舌になる、飲み過ぎると記憶がなくなったり、頭痛がするのはアルコールが脳に作用しているからです。

飲酒が脳に与える影響についてはさまざまな説がありますが、過度な飲酒が脳に悪影響を与えるのは間違いありません。

日常的にお酒をたくさん飲むことは、脳の老化にもつながる可能性があります。

慢性的な睡眠不足もまた脳によくない影響を与えます。

つまり、お酒を飲んで寝不足になると、二重に脳によくありませんね。

ある程度、年を重ねても若々しい方は、見た目だけでなく頭のキレも鋭いもの。お酒を飲み過ぎて頭の回転が遅くなってしまっていては、せっかく見た目が若くても魅力が半減してしまいます。

飲酒による老化への対策は?

いちばん良いのは、飲酒を控えることです。

少量であればむしろ健康に良いという研究がある一方で、お酒は少量でも体によくない影響を与えるという研究もありますが、諸説あって定かではありません。

しかし、少なくとも大量に飲酒するよりは、少量で抑えた方が良いのは間違いないでしょう。

飲酒による老化の原因としては、活性酸素の発生や、脱水症状、睡眠不足などがありますが、いずれもお酒を飲む量が増えれば増えるほど影響が大きくなります。

とは言え、もともとお酒を飲むのが好きな方は、いきなり飲酒量をぐっと減らしたり、飲み歩くのをやめたりするのは難しいですね。人によっては仕事の付き合いもあるでしょう。

そんなときにもできる対策はあります。

1. 水分をたくさん摂る
2. いつもより1杯だけ減らす
3. 二日酔い対策サプリを使う

1. 水分をたくさん摂る

お酒を飲むときは適時水分を摂るようにしましょう。

水分を多く摂れば脱水症状を防ぐことができます。また、二日酔い対策にもなります。

お冷でも良いですが、当分が含まれるスポーツ飲料が特にオススメです。

アルコール分解では糖分も消費されるため、スポーツ飲料なら水分だけでなく糖分も補給することができます。

2. いつもより1杯だけ減らす

日常的にお酒をたくさん飲んでいる人が、急にお酒の量を減らすのは難しいかもしれません。

しかし、飲み会のときに1杯だけ減らすことはそれほど難しくはないはずです。

最後の一杯をソフトドリンクやお冷にする、あるいは飲むペースを落として最終的に飲む量を1杯分減らしたりできれば、それだけでも大きな効果があります。

1回の飲み会ではあまり意味はないかもしれませんが、1カ月、3カ月、1年と長期間になれば、かなりの違いになります。

3. 二日酔い対策サプリを使う

最後にオススメなのは二日酔い対策サプリメントを使うこと。

特に飲酒と体のサビつきによる老化に注目するのであれば、抗酸化に良いサプリメントがオススメです。

二日酔い対策サプリで抗酸化の働きを謳っているものはほとんどありません。

しかし、スパリブというサプリメントは例外です。

スパリブはアミノ酸とビタミン類を中心としたサプリメントで、抗酸化とアルコール代謝の二つの項目で特許を取得しています。

二日酔いと体のサビつきの両方の対策ができるのは嬉しいですね。

今なら、3粒入り3袋(合計3回分)のスパリブが送料無料の税込み540円で購入することができます。小さな袋に1回分が入っているので、持ち運びに便利です。

お試し価格で利用できるので、気になる方は試してみてください。