病気になる前に対策する―「未病」とお酒の関係

病気になる前に対策する―「未病」とお酒の関係

未病という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

これは古代中国から使われていた言葉で、病気になる一歩手前の状態を意味しています。中国最古の医学書である『黄帝内経』に未病という言葉が出てきます。

未だ病ではないということで、未病とは病気の状態ではありません。ですが、何らかの体調不良が続いているなど、病気になりつつある状態だと考えるとよいでしょう。

そして、未病の内に、つまり病気になる前に対策してしまうのが大事だというのが、古代から続く中国医学の考えです。

現代の医学の言葉を使えば、予防医学ということですね。

1. 未病というのはどんな状態?

未病というのは病気ではないけれど、病気になりつつある状態のことです。それでは、具体的にどんな状態を指すのでしょうか?

現代の西洋医学は病気になった状態を治療するものです。ですので、西洋医学では未病という状態についての定義はないようです。

東洋医学では例えば次のような状態なら未病と捉えるようです。

  • 食欲がない
  • よく眠れない
  • 疲れやすい
  • 体が冷えやすい
  • 顔色がよくない
  • 体がむくんでいる
  • 頭が重い/頭痛がする
  • 肩がこる

以上のような状態になっていると、未病と言えるかもしれません。

中国医学の考え方では、未病の状態となった時点で、本当の病気になってしまう前に治すのが賢い者のやり方だとしています。

それでは、未病を改善するためにはどのようなことを行えばよいのでしょうか。

ありきたりな答えかもしれませんが、① 栄養バランスの取れた適量の食事を摂る、② 睡眠時間をしっかりと確保する、③ 適度に運動を行う、の三つが基本です。

いずれも健康を維持するためには不可欠なものばかり。

未病の状態になっていると、これら3つのうちいくつかが確保できていないことが多いのではないでしょうか。

さらに言うと、タバコを吸わないことと、お酒を飲み過ぎないことも未病から健康な状態になるために大切です。

タバコについては言うまでもありませんよね。ニコチンを始め、タバコにはさまざまな有害物質が含まれています。

人によっては気分がスッキリするという方もいるかもしれませんが、タバコは基本的に百害あって一利なし。

可能な限りやめてしまった方が健康には良いです。

それで問題となるのはお酒。お酒はタバコと違って、完全にやめてしまうことを進める意見はそれほど多くはありません。

エビデンスはないと言われていますが、適量のお酒が体に良いという意見すらあります。

一方で、習慣的に大量の飲酒を繰り返していると、未病の状態に落ちってしまうのは間違いないです。

2. 未病とお酒の関係―お酒を飲み過ぎて体調を崩すのは病気に至るリスクあり

お酒は適切な量を嗜むのであれば、基本的に健康に大きな影響を与えることはありません。

美味しいお酒を飲むのが好きな方もいるでしょうし、プライベートや仕事などで円滑な人間関係を養う上でも役立ちます。

ですが、適量を超えたお酒を習慣的に飲む生活を続けていると、次第に体が悪い影響を受け、未病の状態に陥ってしまいます。

アルコールの90%は肝臓で代謝されます。たくさんお酒を飲み過ぎると、肝臓に大きな負荷がかかります。

肝臓はアルコール以外にもさまざまな薬や体に有害な物質の代謝を行っているので、オーバーワークの状態になると有害物質が代謝しきれずに体内に残ることになります。

また、大量の飲酒で問題となるのは酸化ストレス。

最近、アンチエイジングや予防医学の点で注目されている酸化ストレスですが、要は体のさまざまな細胞をサビさせ、ダメージを与えてしまうものです。

アルコールの代謝時には活性酸素と呼ばれる酸化ストレスを上げる酸素が作られます。大量のアルコールを代謝するほど多くの活性酸素が生み出されるので、お酒をたくさん飲むと体内のさまざまな細胞がサビてしまうことになります。

日常的にたくさんのお酒を飲んでいると、よく眠れなかったり、頭が重かったり、体がだるかったり、疲れやすかったり、体調が悪い状態になりやすいですよね。

これは未病の状態そのものです!

お酒をたくさん飲み続けていると健康な方でも未病の状態に陥ってしまいます。そういう場合はお酒の量をセーブし、健康な状態に戻るように努めましょう。

もちろん、お酒以外の原因で未病となってしまった場合も、お酒は控えた方が良いのは言うまでもありません。

最近では体を壊してから対策するのではなく、体を壊す前に健康に気を配る予防医学が重要視されるようになっています。

お酒の量を適度に抑えることは予防医学であれ、未病の考え方であれとても大切なことです。

体を壊してしまってはお酒を楽しむこともできなくなりますからね。