二日酔いにはシジミの味噌汁が効く?

二日酔いにはシジミの味噌汁が効く?

二日酔いに良いと言われている食材やメニューにはいろいろありますね。

シジミの味噌汁もその一つです。

最近では、シジミのサプリメントまであります。

しかし、本当にシジミの味噌汁は効くのでしょうか?

さまざまな情報を集めて検証してみました。

シジミの味噌汁は二日酔いに効く?肯定的な意見

シジミって何?

シジミは2~3cmほどの小型の二枚貝の一種です。淡水や汽水(河口)に生息しています。

漢字では「蜆」と書きます。

外来種を除けば、日本にはヤマトシジミ、マシジミ、セタシジミの計3種が生息しており、セタシジミが最も美味であると言われています。

日本では昔から食用に利用されてきた歴史があり、貝塚からシジミの貝殻が見つかっていることから、縄文時代にも食されていたことが分かっています。

シジミが二日酔いに良いことは江戸時代にはすでに言われており、肝臓に良い食材のひとつとして認識されていました。江戸の町にはシジミを売る行商もいたようです。

今でも、酒を飲んだ翌日の朝食には、シジミの味噌汁を出すことが習慣となっている家庭もあるようです。

二日酔いや肝臓のためにシジミを食する民間療法は日本各地に存在しています。

シジミには必須アミノ酸をはじめ、二日酔いに良い栄養素がたくさん含まれている

シジミが二日酔いに良いと言われている最大の理由は、シジミに含まれる豊富な栄養素です。

特に二日酔いに良いと言われる栄養素を列挙してみると、次のようになります。

  1. グリコーゲン
  2. タウリン
  3. アラニン
  4. グルタミン
  5. メチオニン
  6. ビタミンB12
  7. オルニチン

他にも鉄分やカルシウム、ビタミンB2などが含まれています。

貝類は一般的にミネラルやアミノ酸が豊富なのですが、シジミも例外ではないようですね。

以下、ひとつずつ見てみましょう。