ウコンエキスのクルクミンに薬効がある可能性はわずか?

ウコンエキスのクルクミンに薬効がある可能性はわずか?

先週、二日酔い対策商品として定番の「ウコンの力」に含まれるクルクミンという成分に関して、話題となるニュースが出ました。

ミネソタ大学の研究チームが「ウコンに含まれるクルクミンが薬剤として役立つ可能性は極めて少ない」との研究結果を報告したのです。

クルクミンはウコンエキスの主成分。

日本では「ウコンの力」に代表されるように、ウコンとは言えば最も有名な二日酔い対策商品のひとつです。ウコンエキスは、主に「秋ウコン」から抽出され、肝臓に良いとされてきました。

その主成分であるクルクミンが、薬効として利用できる可能性が極めて低いと報告されたことは、かなりの衝撃ニュースではないでしょうか。

クルクミンに関するミネソタ大学の研究報告の概略

研究対象はウコンではなくクルクミン

まず、混同してしまう可能性があるのですが、ミネソタ大学が研究を行った対象はクルクミンです。

クルクミンは確かにウコンの主成分ですが、「薬剤の開発に役立つ可能性は極めて少ない」と示唆されたのはあくまでクルクミンであって、ウコン自体ではないことに注意してください。

「同じじゃないか!」と思う方もいるかもしれませんが、こういった試験ではこの違いは重要です。

このニュースを報じたサイトの中にも、当初ウコンとクルクミンを混同しているものもありました。

研究の概略

さて、今回の研究報告の概略をまとめると、次のようになります。

  • クルクミンは最近、PAINS(広範な試験法に干渉する化合物)の候補物質に分類された
  • クルクミンはウコンの有効成分とされているが、薬としてのその効果は医学的に証明されていない
  • クルクミンは実際には作用していないのに、あたかも作用したかのような結果(False Hits)をもたらす効果がある
  • クルクミンが効いたと感じるのはプラセボ効果である可能性がある

以下、詳しく見てみましょう。

クルクミンの効果は医学的に証明されていない

クルクミンに生理作用はあるが、体内には吸収されにくい?

クルクミンの生理的な作用としては、抗腫瘍作用や抗酸化作用、抗炎症作用や抗アミロイド作用が知られています(アミロイドとは神経疾患などの原因となる物質)。

また、二日酔い対策商品の成分として使われているように、肝臓に良いとする説も数多く存在しています。

しかし、その一方で、食事として摂取した場合にクルクミンはほとんど吸収されないと示唆する研究もあり、クルクミンの生理作用が実際に本当であったとしても、吸収されなければ薬剤としては意味がないという意見もあります。

クルクミンの有効性を示唆する論文はたくさん出ていますが、以上のような背景から、クルクミンの薬効は医学的には明確に証明されていないものとされています。

クルクミンの作用はプラセボ効果?

今回、ミネソタ大学の研究チームが発表した報告では、クルクミンがPAINSの候補物質となったことを記述しています。

PAINSとは「広範な試験法に干渉する化合物」のことで、要は実際に作用しないにも関わらず、作用したかのような結果をもたらす物質のことです。

研究報告では、このクルクミンの性質が「複数の疾患に対するクルクミノイドの120以上の臨床試験に影響を与えた」、「クルクミンの二重盲検プラセボ対照試験で成功したものはない」とし、クルクミンの薬剤としての作用に否定的な見解を示しています。

そして、クルクミンは「不安定かつ科学的に反応性が高く、体内に吸収できない化合物であるため、薬剤の開発に役立つ可能性は極めて少ない」と結論しています。

研究チームによれば、クルクミンを摂取して何らかの効果があったと感じるのは、「プラセボ効果ではないか」とのこと。

プラセボ効果は、その薬には実際には何も効果がないにも関わらず、これは効くと信じて飲むと、改善が見られる効果があることです。

クルクミンが肝臓に良いと信じて摂取すれば、実際に肝臓が良くなったり、二日酔いが緩和されたと感じることですね。

この現象自体はさまざまな場合に起きていますが、薬剤の有効性を評価する際には可能な限りプラセボ効果ではない効果があることを実証することが求められます。

クルクミンを摂取して得られた効果がすべてプラセボ効果であったのだとすれば、クルクミンに薬剤としての効果はないことになります。

ウコンエキスの薬効が明確に否定されたわけではない

最初に少し書きましたが、今回、薬剤として利用できる可能性が極めて低いと結論づけられたのは、クルクミンであって、ウコンそのものではありません。

確かに、クルクミンはウコンの主成分なので、クルクミンの利用可能性は極めて低いとされたことは、ウコンエキス自体の評価にも十分に関わってきます。

しかし、ウコンエキスには他の成分も含まれており、例えば「ウコンの力」を開発・販売しているハウス食品では、ビサクロンという成分に注目しています。

繰り返しになりますが、今回の研究報告は、ウコンそのものの効果を否定しているわけではない点には、混同しないように注意が必要です。

クルクミンの薬効自体もはっきりと否定されたわけではない

さらに、今回の研究報告では、クルクミンの「薬剤の開発に役立つ可能性は極めて少ない」とされています。

つまり、はっきりと「薬剤の開発に役立つ可能性はない」とは結論づけられていないわけですね。

人間に限らず、生物の体のメカニズムは非常に複雑で、ある薬剤を服用して実際に効果があったかどうか、または効果がなかったかどうかの因果関係を明確にするのは、時に難しいこともあります。

ミネソタ大学の研究チームは、学者らしく慎重な結論を下しています。

まぁ、「可能性は極めて少ない」というのはかなり強い言葉ではありますが(笑)

まとめると、クルクミンに薬効がある可能性は非常に低いが、ないと断定はしていない、ということですね。

また、今回の研究報告ではプラセボ効果の可能性があるとしながらも、今後はクルクミンが「PAINS(広範な試験法に干渉する化合物)」であることを踏まえたうえで、新しい研究方法によって研究を積み重ねていくべきとしています。

つまり、クルクミンやウコンに関してはまだまだ未知の部分が多いので、研究は必要ということですね。

日本のニュースだと「ウコン終了」なんて先走りしたコメントもありますが、ウコンやクルクミンに効果がないと断定・結論づけられたわけではありません。

この研究報告に対するハウス食品の反応は?

今回のニュースを聞いて、関心のある方の多くが思うのは、「ウコンの力」のハウス食品はどう反応したのか?ではないでしょうか。

ネット記事を調べてみたところ、ロケットニュース24がなんとハウス食品に問い合わせを行っていました。

詳しくは、ロケットニュース24の記事を読んでもらいたいと思いますが、ハウス食品の回答をまとめると次のとおり。

  1. ウコンの全容はいまだ解明されていない
  2. ミネソタ大学の研究報告はクルクミンに対する考えのひとつとして捉えている
  3. ミネソタ大学の研究報告が正しいか誤っているかについては現時点では言えない
  4. 今回の発表に対して、「ウコンの力」が特別な対応をすることはない

ハウス食品としては、基本的にはミネソタ大学の研究報告はクルクミンに関するひとつの研究として捉え、詳細はこれから検討していく、ということでしょうか。

薬効があると考えられていることから、ウコンはもちろん、クルクミンを調査した研究は数多くあります。ミネソタ大学の研究報告は日本ではネットニュースで取り上げられましたが、それだけでは学者の世界でどのように受け入れられたのかは不明です。

この論文がきっかけとなって、今後、クルクミンの薬効が否定的に捉えられるようになる可能性はありますが、現段階ではまだ様子見ということですかね。

当のミネソタ大学の研究チーム自身も、新しい研究が必要であるというようなことを述べています。

「特別な対応をすることはない」としたハウス食品は、静観しつつ、研究をさらに進めると言った感じでしょう。

また、ロケットニュース24の記者の方は、「ウコンの力を愛用し、実際に二日酔いが改善した経験があるから、ウコンを信じたい!」というようなコメントしていたのが印象的でした。

実際、コンビニで気軽に購入できる「ウコンの力」は、二日酔い対策の定番商品なので、今回の研究報告によるクルクミンの否定的な評価があったとしても、ある程度は売れ続けるんだろうなーという感じはしますね。

ニュース記事に対するコメントの中には、もちろん否定的なコメントもありましたが、「ウコンを信じたい!」という書き込みや、「プラセボ効果でも、本人が効いてると思うんならいいんじゃないの」というような書き込みも散見されました。

ただ、中にはやはり「ウコン効かねーじゃん!」となった方もいるとは思います。それぐらい、インパクトのある研究結果ではあったと思います。

「ウコンの力」が信じられなくなった方にオススメの二日酔い対策商品

今回の報道で、「ウコンの力」が信じられなくなった方は、もともと「ウコンの力」を飲んでも、あまり二日酔い対策にならなかったと思った方が多いかもしれません。

それでは、ウコンの力が信じられなくなった方は、他のどの二日酔い対策商品を使えばいいのでしょうか?

やはり、問題の研究報告がクルクミンの効果を否定するものだったので、ウコン系の商品は外したいはずです。それではヘパリーゼか?それともノ・ミカタか?あるいはシジミ・サプリメントか?

結論を言えば、オススメはスパリブ(Supaliv)。

ウコンの力にしろ、ヘパリーゼにしろ、シジミのサプリメントにせよ、従来の二日酔い対策商品には、肝臓にアプローチする成分を含むものが多かったのですが、スパリブはアミノ酸とビタミンが主成分と、全く異なったアプローチで作られたサプリメントです。

気になる二日酔い対策サプリメント、スパリブの特徴は?

スパリブの特徴をまとめると、次の二つが最大のポイントになります。

  1. アルコール・アセトアルデヒドの代謝をサポート
  2. 抗酸化によるアンチエイジング

二日酔い対策サプリながら、抗酸化によるアンチエイジングが期待できるのもいいですね。ちなみに、スパリブには姉妹商品の「トゥエンディーX」というサプリがあり、こちらは二日酔いではなくアンチエイジングを主眼に置いた商品です。

上に書いたように、スパリブの主成分はアミノ酸とビタミン。

具体的に書くと、コエンザイムQ10、ビタミンC、L-グルタミン、L-シスチン、フマル酸、コハク酸、ビタミンB2、ナイアシンです。

お酒をたくさん飲むと、アルコールを分解するためにたくさんのビタミンとアミノ酸が消費されます。

そしてアルコール分解に必要な栄養素が不足してしまうと、分解しきれなかったアセトアルデヒドという有害なアルコールの分解物が血管中に流れ出し、二日酔いの原因となると言われています。

スパリブを利用することで、不足した栄養分を補い、二日酔いに備えることができます。

なお、スパリブは特許を取得した商品です。

公式サイトによれば、その内容は「アルコール代謝を和らげる、およびアルコール誘発性疾患のリスクを減少させるための組成物」(日本国特許庁 特許第5785581号)。

特許を取得するためには、発明の新規性(他にはない新しさ)が認められることが必要ですが、同時に発明の目的に対してしっかりとした効果があることが求められます。

スパリブはこの点がしっかりと認められており、少なくとも医学的に効果が認められていない、好意的に見て議論が分かれているウコンエキスよりも、信頼できます。

初回限定購入なら540円で9粒入り3袋(3回分に相当)が購入可能!

現在、スパリブの公式サイトでは、初回購入限定として、9粒入り3袋が540円(送料無料)で購入できます。

平均的な体重の方であれば、1回に3粒飲むので、9粒ということは3回分。

1回あたり、180円ですね。

「ウコンの力」とほぼ同じ値段です。二日酔い対策として使わなくても、スパリブには抗酸化作用によるアンチエイジング効果もあるので、試してみる価値は十分にあります。



参考サイト
Journal of Medicinal Chemistry, The Essential Medicinal Chemistry of Curcumin (英語)
ロケットニュース24 【直撃】ウコンには薬効がないと話題 →「ウコンの力」のハウス食品にどう思っているのか聞いてみたらこうだった

スポンサード・リンク


しじみにんにく極

スパリブ

秋ウコンホワイト

レバリズムL