ちゃんぽんで二日酔いを起こしやすいのはなぜか?

ちゃんぽんで二日酔いを起こしやすいのはなぜか?

ちゃんぽんとはいろいろな種類のお酒を混ぜ合わせて飲むことです。

ひとつのグラスにいろいろなお酒を混ぜて飲むこともあれば、一回の飲み会でさまざまなお酒を飲むこともあります。そのどちらもちゃんぽんです。

同じ量、同じ強さのお酒を飲んだ場合でも、ひとつの種類のお酒だけを飲んだ場合と、たくさんの種類のお酒をちゃんぽんした場合では、後者の方が二日酔いや悪酔いを起こしやすいと言われています。

ちゃんぽんでお酒を飲むとよくないことは、何となく経験的に語られていますよね。

今回は、ちゃんぽんで二日酔い・悪酔いを起こしやすい理由をわかりやすく解説します。ちゃんぽんで二日酔いを起こしやすい理由にはいくつかあり、科学的に根拠のあるものもあれば、あまり信憑性が高くないものもあります。

それらの理屈を理解したうえで、ちゃんぽんで二日酔いや悪酔いを起こさないための対策もご紹介します。

ちゃんぽんが二日酔いを起こしやすい理由

二日酔いのメカニズム

体内に摂取したアルコールは胃や腸で吸収され、最終的に肝臓に運ばれます。アルコールの90%は肝臓で分解されると言われており、肝臓の働きが最も重要です。

アルコールは最初にアセトアルデヒドという物質されます。アセトアルデヒドは二日酔いの原因と言われており、毒性のある物質です。

アルコールから分解されたアセトアルデヒドは、次に酢酸に分解されることで無害化されます。この一連のアルコール分解のプロセスが肝臓で行われるわけです。

アルコールをアルデヒドに分解するアルコール分解酵素や、アセトアルデヒドを酢酸に分解するアセトアルデヒド脱水素酵素の活性の強さ(=働きの良さ)は、個々人の体質によって異なります。

これらの酵素の活性が低い人は、アルコールの分解能力が低いので、お酒に弱い体質です。また、日本人の中には、これらの酵素を生まれつき持っていない人もいて、こうした人たちはお酒を全く飲むことができません。

そして一度に大量のアルコールを摂取した場合、肝臓はすべてのアルコールを分解しきることができません。

処理できなかったアセトアルデヒドが血管に流れ込み、血中濃度が上昇すると、頭痛や吐き気などの二日酔い症状の原因のひとつになると言われています*。

つまり、体が処理できる許容量を超えてお酒を飲むと、二日酔いが起こるわけですね。

*他にも飲酒による脱水症状や胃腸の不調も二日酔いの症状を引き起こす原因になります。