しじみんは二日酔い対策に使えるか?その評価・口コミと体験レビュー。

しじみんは二日酔い対策に使えるか?その評価・口コミと体験レビュー。

しじみんの成分は?

しじみんの主成分は次のとおり。

  1. オルニチン
  2. カルサイト
  3. ツルアラメ

オルニチンはしじみの身、カルサイトはしじみの貝殻に含まれる成分です。

そしてツルアラメは海藻。

どちらも海の幸ですが、「しじみん」を開発・販売するはつらつ堂が所在する青森県の十三湖で採れたものを使っているとのこと。

ご当地の名産を使っているのは嬉しいですね。

オルニチン

オルニチンは肝臓の働きを助ける成分です。

より具体的には、尿素回路という、肝臓の中でアンモニアを無害化する過程に関わります。

オルニチンは貝類に多く含まれていますが、特にしじみに豊富に含まれていることが知られており、しじみがサプリメントの原材料としてよく使われる理由はここにあります。

ツルアラメ

ツルアラメとは海藻の一種です。

もともとは昆布の生育を阻害するとして駆除対象となっていましたが、実は栄養豊富な海藻であることが分かり、健康食品の原材料として研究されるようになりました。

具体的にはヨードやカルシウム、アルギン酸などを豊富に含んでいるようですが、中でも「ダイエコール」という成分が注目されています。

海藻なのでポリフェノール(植物繊維)が豊富なのが特徴ですね。

しじみんの評判が良い秘密:カルサイトという成分に秘密が

一般的にしじみサプリメントと言えば、オルニチンという成分が売りになっています。

オルニチンは肝臓の働きを助け、疲労回復が期待されると言われている成分です。

もちろん、上に書いたようにしじみんにもオルニチンは含まれているのですが、それに加えてカルサイトと言う成分が含まれていることが新しいようです。

貝殻ということでカルシウムを豊富に含んでいることが特徴です。

カルサイトを含むしじみサプリは特許を取得

このカルサイトはしじみの貝殻に含まれています。

そして、青森県の弘前大学と産業技術センターが独自に研究をすすめた結果、特殊な方法でしじみの貝殻を焼成した粉末=カルサイトに、「お酒の付き合いや健康維持に嬉しい働きがある」ことが分かっています。

このカルサイトの製法は特許として認められました。

しじみの身に含まれるオルニチンに加えて、この貝殻由来のカルサイトを凝縮したしじみんは、まさにしじみ三昧といった感じですね。