牡蠣の力αは二日酔い対策に使える?その口コミは?

牡蠣の力αは二日酔い対策に使える?その口コミは?

2 牡蠣の力αの成分は?どんな栄養素が含まれているのか

2.1 牡蠣の力αの主要成分は

牡蠣の力αの主要成分はもちろん牡蠣。広島県産の牡蠣を使っています。

牡蠣はとにかく栄養満点。

具体的には、20種類以上のアミノ酸、ビタミンB1、ビタミンB2、亜鉛などのミネラル類、タウリン、グリコーゲンなど多種多様な栄養を含んでいます。

特に豊富なのが、亜鉛。牡蠣100gに亜鉛13mgが含まれています。

亜鉛は体のさまざまな働きに関わっていますが、肝臓をサポートする働きもあります。また、男性にとっては夜の活力の源にもなるため、特に中年以降の男性にとっては嬉しい栄養素と言えます。

また、亜鉛は体内で作り出すことができない栄養素のひとつです。

もちろん、理想的には食事から必要量を取ることが一番ですが、仕事が忙しかったり、一人暮らしの人が多い現代人ではなかなか難しいものもあるでしょう。

そういう時はサポート的にサプリを使うのもありです。

ただし、亜鉛の過剰摂取は副作用を起こします。牡蠣の力αを使う場合も推奨量を守るようにしましょう。

2.2 さらにマカと高麗人参を含有!

牡蠣の力αは、牡蠣だけでなく、マカと高麗人参を含んでいます。

マカも高麗人参も、二日酔い対策サプリではあまり含まれていないので、ちょっと珍しいですね。

マカ

マカは標高4000~5000mの厳しい環境で育つ植物です。

とにかく栄養素満点な植物で、カルシウム、鉄、タンパク質、亜鉛、アミノ酸類、マグネシウム、ビタミンB、ビタミンC、ビタミンE、ナイアシン、カロチンなどを含んでいます。

マカはペルー産のものを使っています。

高麗人参

高麗人参というと、いかにも滋養強壮に良い印象がありますね。

実際、4000年以上も昔から健康食品として使われており、徳川家康も愛用していたようです。

高麗人参は、サポニン、アルカロイド、マグネシウム、カリウム、亜鉛、ビタミンB、アミノ酸などの栄養素を含んでいます。