お酒をあまり飲まない人ならトゥエンディーXがオススメ!アンチエイジング+二日酔い対策。

お酒をあまり飲まない人ならトゥエンディーXがオススメ!アンチエイジング+二日酔い対策。

二日酔い対策のサプリメントとしてはスパリブ(Supaliv)がオススメです。

しかし、実はお酒を普段はあまり飲まないという人であれば、スパリブの姉妹商品であるトゥエンディーX(Twendee X)の方が良いかもしれません。

トゥエンディーXは抗酸化によるアンチエイジングを目的として作られたサプリメントですが、基本的にはスパリブと同じ成分を含みます。そのため、トゥエンディーXを飲んでいれば二日酔い対策にもつながります。

トゥエンディーXについて詳しく!

酸化による「体のサビ」は老化の原因に

古来から老化を遅らせる、または不老不死となるための研究が行われてきました。さすがに現代では不老不死が主張されることはほとんどありませんが、老化を遅らせるための研究は盛んに行われています。

老化の原因にはさまざまな説がありますが、中でも最も有力な説と言われているのは体(細胞)の酸化。

動物の細胞では、細胞内にあるミトコンドリアと呼ばれる細胞小器官がエネルギーを生み出しています。エネルギーを生み出すために酸素が使われるわけですが、このときに一部の酸素が活性酸素(フリーラジカル)と呼ばれる酸化力の強い酸素を作り出します。

また、ミトコンドリア以外でも生体内のさまざまな生化学的反応の過程で活性酸素が生み出されます。

活性酸素は正常な細胞を酸化し、障害します。

活性酸素はさまざまな原因で発生

人間を含めた動物の多くは呼吸を行い、食事を摂ることでエネルギーを生み出しますが、その過程で活性酵素が生み出されます。

つまり、普通に生きていれば、活性酵素の生成は避けられないわけです。活性酸素が生み出されることは、生物として不可避であると言えるでしょう。

また、紫外線を浴びたり、強いストレスにさらされたり、タバコを吸ったりすると活性酸素がたくさん増えます。お酒をたくさん飲み過ぎた場合も同様です。

もちろん、食べ過ぎによって過剰にエネルギーを生産してしまうことも、活性酸素の増加につながります。

40歳を過ぎた頃から活性酸素を除去する働きが弱まる

健康な人であれば、体内に増えた活性酸素を除去する働きがあるので問題になることはありません。

しかし、個人差はありますが、40歳を超えた頃から活性酸素を除去する働きが次第に弱くなり、活性酸素が体内に蓄積するようになってしまいます。

活性酸素が体内に蓄積すると体が「サビた」状態となり、老化やさまざまなトラブルの原因となります。