ミラグレーンは二日酔い対策に使えるか?その評価・口コミと体験レビュー。

ミラグレーンは二日酔い対策に使えるか?その評価・口コミと体験レビュー。

2 ミラグレーンの成分は?どんな栄養素が含まれているのか

2.1 ミラグレーンの主要成分は?

ミラグレーンは以下の6種類の強肝成分を含んでいます。

  1. 漢薬成分ゴオウ
  2. 含硫アミノ酸成分メチオニン
  3. タウリン
  4. グルクロノラクトン
  5. イノシトール
  6. 肝臓水解物

以下、それぞれの成分の働きを見てみましょう。

漢薬成分ゴオウ

ゴオウは胆汁の分泌を促進します。

胆汁は消化に関わっており、肝臓の働きにおいて重要な存在です。

含硫アミノ酸成分メチオニン

メチオニンは肝臓機能を向上させる働きがあります。

必須アミノ酸として知られており、体内で合成することができないので食事などから摂取する必要があります。

タウリン

タウリンもまたゴオウと同じように胆汁の分泌を促進させる働きがあります。

魚介類、特に貝類やタコ、イカに多く含まれています。

グルクロノラクトン

グルクロノラクトンとは肝臓の血流を改善します。

イノシトール

イノシトールは肝臓の脂肪を排出させます。

肝臓水解物

ウシやブタの肝臓に消化酵素を加え、加水分解したものが肝臓水解物です。

肝臓水解物を含む二日酔い対策商品としては、ヘパリーゼが最も有名です。

肝臓の働きを助け、二日酔いの原因と考えられているアセトアルデヒドの分解を促します。

>>【第3類医薬品】ミラグレーン錠 550錠

2.2 ミラグレーンはさらにビタミン類を含有!

ミラグレーンはさらにビタミン類を含んでいます。

具体的には、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB12、そしてビタミンEです。

ビタミンB1は糖分を分解し、エネルギーを生み出すサポートを行います。また、ビタミンB2はエネルギー代謝に関わります。

ビタミンB12は神経の働きを保ち、睡眠を促す働きがあります。

アルコールをたくさん摂取すると睡眠が妨げられ、睡眠不足は二日酔いの頭痛の原因にもなるので、これは大切です。

そしてビタミンEは脂肪の代謝や血行を改善する働きがあります。

いずれもお酒を飲むときには重要なビタミンばかりです。

ちなみに、ビタミンB1はチアミン硝酸物、B2はリボフラビン、B12はシアノコバラミン、ビタミンEはトコフェロール酢酸エステルとも言われます。